痛風

Q.痛風ってどんな病気?

 

013_fig01

高尿酸血症に起因し、

尿酸が体の中の関節や腎臓にたまり、

関節に激しい痛みや

腎臓の機能障害を引き起こします。

 

 

尿酸は、体の中で

プリン体が分解されるときに

出来る物質で、

 

人の体内で

一日に約0.6ℊの尿酸が作られます。

 

 

この尿酸が

うまく排出できなくなったり

大量に作られると

 

体内に尿酸がたまって

痛風を引き起こします。

 

 

Q.痛風の症状は?

最初は違和感やむずむずした感じから始まり、

だいたい24時間以内に激痛に変わり、

日常生活に支障が出る方もいます。

 

その後、2~3日痛みが続き、

1~2週間で症状は治まります。

 

ただ、

高尿酸血症をそのままにして

同じ生活を続け、どんどん進行していくと

 

関節の変形や骨の破壊が起こり、

日常生活に支障が出てきます。

 

※痛風になると

痛い場所が赤く腫れあがり、熱感を伴うので

応急処置として、冷やしてください。

(マッサージ)

 

Q.どうやって調べるの?

・診察

→関節炎や結節があるかどうかの確認

 

・血液検査、尿検査

→血清尿酸値や尿中排出量の数値を確認

 

他にも、

滑液中の尿酸結晶を調べたり、

レントゲン撮影で骨の状態を

確認することもあります。

 

 

Q.治療方法は?

1.薬物療法

痛風発作が起きていると辛い為、

鎮痛薬を使って

いたみを和らげます。

 

そして、痛風発作が治まったら

尿酸降下薬で血中の尿酸値を下げていきます。

 

2.生活習慣の改善

・食生活の改善

・適度な運動

・アルコールを控える

・水分を摂取をする

 

3.姿勢を整え、内臓の負担を減らす

姿勢が歪むことで

内臓が圧迫されたり

本来あるべき所から少しズレてしまい

 

内臓が本来の力を発揮しにくくなったり

血液やリンパの流れも悪くなり

 

尿酸はもちろん、

体の中にたまった要らないものを

ため込みやすくなります。

 

 

逆に、

無意識でも

正しい姿勢を保てるようになると

他の病気の予防にも繋がります。

 

是非、あなたも

正しい姿勢を目指してください♪